プチ整形の種類

, 2011年5月22日

プチ整形のほとんどには、メスが使用されることはありません。
体にメスを入れる恐怖がないことも、プチ整形が人気の大きな理由の一つになっています。

それでは、メスを使わずにどんな施術をするのでしょうか?
プチ整形で用いられることが多い施術の方法をご紹介します。

■ヒアルロン酸注入

美容に興味をお持ちなら、よく耳にするだろう「ヒアルロン酸」。
これはもともと肌に含まれる成分で、いろんな化粧品にも使われています。

ヒアルロン酸は水を大量に吸って持ち上がるという性質があるため、
しわの解消やあごの形成、鼻を高くしたいなどというときに活躍します。

ヒアルロン酸の効果に持続性はないので、永久的な効果を求める方には不向きかもしれません。
ちょっと変えてみたいという方が、お試しとして挑戦することが多いようです。

■ボトックス注射

いわゆる顔の「エラ」が張る原因は、骨や筋肉の発達によるものだといわれています。
そこで、小顔のプチ整形では、筋肉の働きを抑える働きがあるとされる、
ボツリヌス毒素を用いたボトックス注射が行われるようです。
ボトックス注射の効果が続くのは、個人差はありますが約6ヶ月~1年ほどだとされています。

毒素を使うと聞くと抵抗を感じるかもしれませんが、
ボトックスは医薬品の一種で非常に安全なものとされており、
病気の治療において認可されているようです。

なお、ボトックス注射を受ける際には、純正のものが使われているかどうかお確かめください。

■コラーゲン注射

コラーゲンには2つの種類があるのですが、
ほとんどの場合はヒトたんぱく質から作られた安全性の高い「ヒューマンコラーゲン」が使用されようです。

コラーゲンは痛み止めの効果を持つことから皮膚が薄くて柔らかい部分にも適するとされており、
特に目の周囲や鼻唇溝などのプチ整形に使用されるようです。
人によって異なりますが、6ヶ月~1年ほど効果が続くといわれています。

■埋没法

髪の毛よりも細い医療用の糸を用いて、ラインに沿って2~3箇所を留める方法です。
アイプチなどをしていて既にクセがついていれば、
1箇所を留めるだけでよい場合もあるようです。
施術にかかる時間は10分と短く、料金は10万円前後で行えるという手軽さから、
埋没法で二重まぶたを手に入れる方も多いようです。

このように、部位によって施術法や用いられるものは違います。
自分が受けたい施術はどのような方法で、何を用いて行われるのか、
あらかじめご確認ください。


Posted in プチ整形の種類 |