二重まぶたの整形法~埋没法~

, 2011年5月22日

くっきりした瞳に憧れ、二重の整形を受ける女性が少なくないようです。
二重にはしたいけれどメスを入れるのが怖い、失敗するのが不安、痛いのは嫌…。
そんな方々に選ばれているのが、二重の整形方法の一つ・埋没法です。
埋没法は、二重手術の中でも仕上がりが最も自然だとも言われています

埋没法は、リーズナブルな料金も魅力にあります。
料金設定はクリニックによって異なりますが、
10,000円~100,000円ほどが平均とされています。

メスを使わない埋没法では、個人差はありますが、
痛みを感じることもほとんどないと言われています。
術後には少し腫れるものの、それも2~3日ほどで収まることが多いようです。
その腫れも泣いた後のような程度で、さほどひどいものにはならないようです。

周りに知られずにこっそり二重にしたい方は、連休前に手術を受けてみてはいかがでしょうか。
休みの間に腫れが引いてしまえば、
会社などに美容整形を受けたことを知られる心配も低くなると思います。

ダウンタイム(施術してから回復するまでの時間)は、2~3週間ほどだとされています。
もしもダウンタイムを取るのが難しいようなら、最初に片方の目の施術を行い、
腫れが引いたらもう一方の目も行うという方法もあるようです。

二重手術の埋没法では、髪の毛よりも細い医療用の糸が使われます。
それを二重まぶたのヒダを作りたい線に沿い、
2~3ヶ所留めるというのが一般的な方法のようです。
アイプチなどを使用していて既にクセがついていれば、
1ヶ所を留めるだけで済むこともあるようです。

手術の所要時間は、両目合わせておよそ10分ほどだとされています。
短い時間で手術が完了するのも嬉しいですね。
手術を受けた日に、顔を洗うこともお風呂に入ることもできるようです。

施術の仕上がりがイメージと違う場合は、
元に戻せるというのも埋没法の魅力に挙げられています。

埋没法による二重手術の効果の持続期間は、半年~1年ほどが目安とされています。
永久的に効果が続くものではないので、ちょっとだけ変えてみたいという方に勧められています。

ただし、術後に糸がとれて元に戻ってしまうトラブルが発生するケースもあるようです。
手術を受ける際は、実績があり確かな技術を持った医師を選びましょう。

また、まぶたの腫れやたるみが多い方が埋没法を希望する場合、
埋没法を受ける際に同時に針穴から脂肪を少し取り除くこともできるようです。
その際の施術に要する時間は、およそ20分ほどのようです。

■メリット

・短時間&低料金。
・痛みや腫れが少ない。
・メスを使わない。
・仕上がりがごく自然。
・イメージと違えば元に戻すことも可能。

■デメリット

・術後に糸がとれてしまうことがある。
・効果が長続きしない。


Posted in 二重まぶたの整形法~埋没法~ |