二重まぶたの整形法~部分切開法~

, 2011年5月22日

強い目力を求める人や埋没法では満足のいく仕上がりにならない場合、
「全切開」や「埋没法」の他に「部分切開」という選択肢もあります。
ただし、まぶたをこすれば二重ができる、
皮膚のたるみを切り取る必要があるなどという人には不向きのようです。

二重まぶたの部分切開では二重にしたいヒダの予定線を、
1~2cmほど切開することになります。
切開後に内部処理が行われ、最後に縫い合わせるという形になるようです。
施術に要する時間は、片目につき約20分程度だとされています。

部分切開では、麻酔をかけるときの痛みは大したことないようですが、
量が多いので腫れは埋没法より増すようです。
術後の腫れも、全切開をほぼ変わりないと言われています。

メイクなどで腫れをごまかせるまでには10日ほど、
そのままでも違和感を感じなくなるまでには30日ほどかかるようです。
二重が完全になるまでには、3ヶ月ほどを要するとされています。

切開した傷は、1週間ほど経つと少しずつ薄れていくようです。
ほとんど消えてしまうまでに要する日数には人によって大きな差があり、
3週間~4ヶ月とされています。
また、長い時間紫外線を浴びると経過が遅くなると言われています。
夏に外出するときには、日焼け止めを塗るなどの対処が必要といえるでしょう。

術後の傷は薄れはしますが、完全に消えることはないようです。
目立ちはしないものの、微かな傷は残ると考えていた方がよいようです。
部分切開の費用は、15万~30万ほどが目安のようです。

部分切開で作った二重が一重に戻る可能性は極めて低く、
毎日極端に目をこすることなどさえしない限り、半永久的な効果を望めるとされています。
二重が戻ってしまった例では、
アレルギーなどで目に慢性的なかゆみがあり毎日何百回も強く目をこすったケースなどが挙げられています。

なお、クリニックによっては部分切開を行っていないことがあります。
事前によくご確認ください。

■メリット

・全切開より切り開く範囲が狭い。
・傷が目立たない。

■デメリット

・外人のような二重を希望する場合は限界がある。
・紫外線に当ると経過が遅くなるので注意が必要。


Posted in 二重まぶたの整形法~部分切開法~ |