目の整形手術~目尻切開法~

, 2011年5月22日

「目尻切開法」と呼ばれる手術法は、
極端なたれ目を解消したり切れ長の目にしたりする効果があるとされています。
目を切れ長にすることで、童顔の方の悩みが解消されることもあるようですね。

目尻切開法では、目尻を数ミリ切開し、靭帯を移動させることになるようです。
施術は局部麻酔をかけた上で行われるので、痛みを感じる心配はなさそうです。
ただ、稀につるような感じがするという方がいるようです。

この手術法では目尻を切開することになるのですが、
その範囲には限界があるとされており、
2mm以上の効果は期待しない方が良いとされています。

なぜかというと、目尻側を被う皮膚が少ししかないというのが理由に挙げられています。
そのため、それを切りすぎてしまうと目尻側の赤い肉の露出が増え、
その結果恐ろしい印象の目元になってしまいかねないということです。
そのことを考えると、目尻切開法は劇的な変化を望むより、
自分が満足できる程度のものだといえるようですね。

目尻切開法の料金は、20~30万円ほどだとされています。
シャワーだけなら、手術を受けた次の日から大丈夫なようです。
湯船につかるのは、1週間ほど我慢するようにいわれています。
シャワーを浴びる際にも、手術した部位をこすらないようにと注意されています。

抜糸は、術後1週間ほどで行われることが多いようです。
しかし、球結膜下浮腫や血腫が生じ、術後は白目が赤っぽく見えてしまうようです。
そのことから、仕事などは抜糸後さらに1週間ほど休むのが望ましいとされています。
抜糸後の赤い傷は、アイメイクなどで隠せるようです。

術後の腫れは3~4日ほどで引き、
手術に要する時間も30~40分とそれほど長くはないようです。

しかし、実は目尻切開法を行える医師は滅多にいないとされている手術法でもあります。
また、メリットよりもデメリットの方が大きいという声もあります。
そのため、目尻切開法を希望する際には、医師とよく相談することをお勧めします。

カウンセリングの結果受けることが決まったときには、
本当にその医師の腕が信頼できるものかどうか、経歴などを見て確かめるといいかもしれません。

■メリット

・目尻とこめかみの感覚が狭くなることで小顔効果も期待できる。
・幼い顔立ちからキリリとした印象の顔立ちになれる。

■デメリット

・効果の現れに大きな個人差がある。
(人によっては、全く効果がない場合もある)
・術後の傷が目立つ場合がある。
・熟練した医師が少ない。


Posted in 目の整形手術~目尻切開法~ |