目の整形手術~目頭切開法~

, 2011年5月22日

目の横幅を広げたい、二重を平行型にしたい、目と目の間が広すぎる…。
そのような方には、「目頭切開法」が適しているようです。
これは、東洋人に多いとされる蒙古ひだ(もうこひだ:目の鼻寄りの部分)を取り除く手術法です。
平行型の二重にしたり目の間隔を狭めたりすることで、
柔らかな印象の目元を手に入れることができるといわれています。

また、より大きな目元になりたいという方には、
目頭切開法と同時に二重切開術を受けることが勧められています。

目頭切開法には、「W法(内田法)」や「Z法」などの種類があります。
W法では目頭の皮膚を単に切除するだけじゃなく、
アルファベットの「W」の形に切開されていくようです。
そして、その「W」の真ん中にある三角皮弁が目頭の奥に差し込まれるようです。

目頭の皮膚をただ切除する方法では、元に戻りやすいことが問題に挙げられていました。
しかし、この方法では元に戻ってしまう可能性はかなり低くなったようです。

Z法では、目頭の皮膚がアルファベットの「Z」の形に切開されていくようです。
そうすることで皮弁を起こし、その位置を交換するようです。

ほとんどの場合、Z法で皮膚を切除することはないようです。
目頭の外に傷がほとんど出ず、
傷が目立ちにくいというのがメリットにあるとされています。

クリニックによってW法・Z法ともに行っている場合もあれば、
どちらか一方のみの場合もあります。
事前によくご確認ください。
両方を行っているクリニックでは、
カウンセリングにより用いられる方法が決められることでしょう。

施術に要する時間は30分~50分程度、費用は20万~30万円が目安になるようです。
術後の腫れが引くまでには個人差がありますが、1週間ほどだと考えられています。
早い人では、術後3日も立てば腫れが引いていくこともあるようです。

抜糸は、術後約1週間後に行われることが多いようです。
抜糸後には、アイメイクも可能になります。

術後1~2ヶ月ほどは、赤くて固い傷が目立つのを避けられないようです。
その傷跡も、3ヶ月以降にはほとんど目立たなくなることが多いとされています。

また、術後につっぱった感覚や違和感を感じるケースもあるといわれています。
これらが解消するまでに要する日数は人によって違い、
1年ほどかかってしまうこともあるようです。

■メリット

・優しい印象の目元になれる。
・広い目の感覚を狭くできる。

■デメリット

・傷跡が残る。
・術後の違和感が長引くケースがある。


Posted in 目の整形手術~目頭切開法~ |