目の整形手術~眼瞼下垂法~

, 2011年5月22日

「いつも眠たそうに見られてしまう」「目が細くて印象が弱い」
そのような悩みを抱える方も多いようです。
上まぶたを上に大きく開くようにすると、
そんな目にも目力を与える効果があるといわれています。
そしてその効果を期待できる目の整形手術法の一つ「眼瞼下垂(がんけんかすい)法」は、
「大きな目になりたい」という思いを叶えてくれるようです。

もともと、この手術法は眼瞼下垂(がんけんかすい)と呼ばれる筋肉の弱まりにより、
きちんと目を開けられない状態を治すためのものだったそうです。
しかし目を大きくする効果がとても高いとされ、
印象ある目元にしたい方や目を開けにくい方などに勧められている方法でもあります。

まぶたのたるみは、眼精疲労・頭痛・肩こり・不眠などの原因にもなり得るといわれています。
そのため、この手術を受けることでまぶたのたるみによる症状の改善が望めるともされています。
美容整形のためだけじゃなく、思い当たる症状にお悩みの方は、
一度診察を受けてみるといいかもしれません。

眼瞼下垂法は、局所麻酔にて行われます。
状態に合わせ、上まぶたの眼瞼挙筋が縫い縮められるようです。
そうすることで、目の縦幅を広げることが可能なようです。
希望により、同時に二重を作ることもできるとされています。

施術に要する時間は30~40分ほど、
費用は30万~100万円ほどが目安となるようです。
ただし、所要時間は状態によって、大きな差が生じることもあるとされています。

局所麻酔のため意識はありますが、施術中の痛みはほとんどないといわれています。
目元を避ければ、手術当日に顔を洗うこともできるようです。
アイメイクは、抜糸した次の日からできるようです。
抜糸は、術後約1週間後に行われるのが一般的だとされています。

内出血や大きな腫れは、術後約2週間ほどで引いてくるといわれています。
しかし、完全に落ち着くまでは1~2ヶ月は必要なようです。
なお、切開した後が半年間ほど目立ってしまうケースもあるようです。

■メリット

・まぶたのたるみによる症状が改善される。
・目力のある目元になれる。

■デメリット

・内出血や腫れが引くまでに時間がかかる。
・傷跡が目立つ場合がある。


Posted in 目の整形手術~眼瞼下垂法~ |