目の整形手術~経結膜脱脂法~

, 2011年5月22日

目の下のくまやたるみを改善したいけれど、
手術後の腫れがネックだという方に適するとされる手術法があります。
それが「経結膜脱脂法」という方法です。

目の下のくまやたるみは、眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれるものに原因があるとされています。
(眼窩脂肪は、涙袋と呼ばれることもあります。)
その眼窩脂肪をそれぞれの症状に応じ、
まぶたの裏側から目の下の内・中央・外から取り出すというのが、経結膜脱脂法のようです。

一昔前までは、経結膜脱脂法を行っているクリニックは少なかったといいます。
それが徐々にあちこちから高い評価を受けるようになり、
今では多くのクリニックで経結膜脱脂法が行われているようです。
それだけ優れた手術法であるといえるのでしょう。

経結膜脱脂法では、メスが使用されません。
その代わりに用いられるのは、レーザーとなっています。
メスを使わないので、出血も極めて少ない量で済むようです。
また、術後の腫れが少ないのも大きなメリットにあります。

腫れが少ないことからまとまった休みをとれない方や、
整形したことを周囲に知られたくないという方にも勧められています。

術後の腫れが少ないばかりじゃなく、傷を残すこともないようです。
わずかな傷はアイメイクでごまかせるとはいえ、やはり傷は薄いより何より、
最初からないのが一番ではないでしょうか。

ただ、麻酔によるむくみはあるようです。
また、稀に内出血が起こるケースもあるようですが、
皮膚の表面には傷が残らないためアイメイクで隠すことができるようです。

手術当日から、顔を洗うことやメイクをすることも可能なようです。
ただし、コンタクトをするのは3~4日ほど待った方が良いようです。
シャワーだけなら手術当日にも可能なようですが、
入浴は念のために術後1週間ほどは避けた方が良いとされています。

施術に要する時間は30~40分ほど、費用は20~30万円ほどが目安となっています。

■メリット

・メスを使わない。
・痛みや腫れ、出血が極めて少ない。

■デメリット

・年齢が高い場合、小じわが生じるケースがある。


Posted in 目の整形手術~経結膜脱脂法~ |