胸の整形手術~豊胸術・人口乳腺法~

, 2011年5月22日

人工乳腺法は、胸部に人工乳腺を入れて胸を大きくする方法です。
授乳などが原因で垂れてしまった胸や、しぼんでしまった胸を改善したい方にも勧められています。
人工乳腺法は乳腺に傷をつけることがないため、術後の妊婦や授乳などにも支障をきたすことがないようです。
また、左右の大きさが違う胸のバランスを整えることもできるといわれています。

約2~3サイズまでのバストアップが可能であること、
術後に取り出すこともできることなどがメリットとしてあげられています。
豊胸術の中では、バストを最も理想に近い形にできるのも人工乳腺法だといわれています。

デメリットとしては、用いる人工乳腺の種類によっては破損する恐れがあること、
感触に違和感を感じる可能性があること、
アフターケアが必要であることなどがあげられています。

人工乳腺法では、人工乳腺を挿入するためにワキの下のシワに沿い、
必要最小限の範囲のみが切開されます。
麻酔を施した上で切開されるため、痛みはほぼ感じないようです。
この際、傷跡が目立たないように配慮しているクリニックがほとんどのようです。
術後に残るわずかな傷跡は、時間の経過のともに薄れるといいます。

人工乳腺法には、主に三つの方法があるようです。
胸にある程度の大きさがある方や、
たれた胸やしぼんだ胸を改善したい方に向くとされているのは「乳腺下法」です。
この方法では、大胸筋の上の乳腺下に人工乳腺が挿入されるようです。
人工乳腺は筋肉の上にのせることになるので、ダイレクトに柔らかさが伝わるといいます。

「大胸筋膜下法」は、大胸筋を覆う薄い筋膜の下に人工乳腺が挿入されます。
筋肉を傷つける心配がなく、痛みもほとんどないといわれています。
人工乳腺の輪郭が浮き出てしまうこともなく、自然な仕上がりが期待できるようです。

しかし、皮下脂肪の少ない方ややせ型の方は、
人工乳腺の輪郭が浮き出るケースもあるようです。

乳腺の下にある大胸筋に人工乳腺を挿入する「大胸筋下法」は、
痩せ型でバストが小さい方に勧められています。
大胸筋下法の場合、バストの乳腺や皮下脂肪があまり多くなく、
薄い皮膚でも人工乳腺の形がさほど目立たないようです。

乳腺下法と比べると、挿入後のバストの形や感触がより自然に仕上がるといわれています。
ですが、術後の痛みが大きい場合が多く、
現在では乳腺下法や大胸筋膜下法を用いるクリニックが増えているようです。

人工乳腺には様々な種類がありますが、
現在安全性が高いとされているのは「バイオセル」や「メモリージェル」というもののようです。

これらは今までのもの(生理食塩水バッグやCMCバッグなど)よりも安全性が高く感触も優れているとされており、
多くの医師が勧める人工乳腺でもあります。

また、人工乳腺を挿入した後は、形成されたコラーゲン繊維が厚く堅くなるようです。
(被膜拘縮)
それを防ぐため、マッサージなどのアフターケアが重要ともいわれています。

施術に要する時間は約1時間、費用は100万円ほどが目安となっています。
しかし、時間・費用ともに、用いる方法や人工乳腺の種類によって大きく差があります。
自分のバストにあった方法や人工乳腺を選んだ上で、時間や費用をご確認ください。

■メリット

・バストの形を理想に近いものにできる。
・大きなサイズアップが可能。

■デメリット

・術後にはマッサージが必要。
・アフターケアを怠ると硬いバストになる確率が高い。


Posted in 胸の整形手術~豊胸術・人口乳腺法~ |