鼻の整形手術~わし鼻修正~

, 2011年5月22日

鼻筋の途中が盛り上がった鼻のことを、ワシのくちばしにたとえて「わし鼻」と呼ばれています。
最近、わし鼻であることで悩み、鷲鼻修正手術を行う女性が少なくないようです。
わし鼻による悩みを解消する整形手術には、
「わし鼻形成術」と「Hamp骨切(鼻骨削り)」があるようです。

「わし鼻形成術」は、鼻の穴の中を切開して、
鼻筋が盛り上がっている部分を平らに削り取るという方法のようです。
比較的軽度で骨を削るだけで形成できる場合、こちらの方法が用いられるようです。

施術は局所麻酔の元で行われるので、痛みを感じることはほとんどないといわれています。
また、切開する部分は鼻の中であるため、術後に傷跡が目立つ心配はないようです。
施術に要する時間は30~60分ほど、料金は25~35万円ほどが目安となっています。

術後のギブス固定などは必要ないようです。
腫れは個人差がありますが、術後約4~5日ほど続くようです。
また、1~2週間ほど内出血がみられることもあるようです。

洗顔・メイクは術後3日目から可能とされています。
シャワーは翌日から可能とされていますが、
施術した部分を濡らさないように注意する必要があるようです。

鼻の骨を削りすぎてしまうと、残った両側の骨の角が透けて見えるといいます。
そのため多くの骨を削る必要がある場合には「Hamp骨切」という方法が用いられるようです。

Hamp骨切では土台から角度を変えるために、鼻骨の骨切りが行われることになります。
尖った鼻先を縮めることにより、
横から見たときに美しく見える鼻筋を手に入れられるといわれています。

安全性を確保するため、Hamp骨切は全身麻酔の元で行わるようです。
鼻の穴の内側から3~4ミリほど切開され、鼻骨の先端が削られることになるようです。
切開は鼻の中だけでもできるようですが、同時に口の中も切開した方が、
医師にとってはさらに確実な施術を行えるという声もあります。

施術に要する時間は40~1時間ほど、費用は30~40万円ほどが目安となっています。

術後、大きな腫れが2~3日ほど続くとされています。
傷跡はほとんど目立たないようです。
そして術後には固定する必要があるため、2日間ほど鼻の中にはガーゼが詰められ、
1~2週間ほど外側にはギブスがつけられるようです。

シャワーは翌日から、入浴やメイクは抜糸後から可能となっています。
抜糸は、術後約1週間で行われるようです。
メガネは術後3~4週間は使用できないようです。

■メリット

・わし鼻の悩みが解消される。
・傷跡がほとんど目立たない。

■デメリット

・術後の腫れが大きい。
・術後の固定が必要。


Posted in 鼻の整形手術~わし鼻修正~ |