鼻の整形手術~隆鼻術・プロテーゼ法~

, 2011年5月22日

鼻を高くしたり、鼻筋や鼻の形を整えたりする隆鼻術には、いろんな方法があります。
その一つが「プロテーゼ法」です。
プロテーゼ法では鼻の穴の内側が1cmほど切開され、
鼻筋に沿ってプロテーゼと呼ばれる医療用のシリコン製人口軟骨が挿入されることになります。

使用されるプロテーゼには「I型」と「L字型」があり、
顔のバランスや希望に合ったものがそれぞれ使用されるようです。

I字型のテプローゼは、鼻筋だけを高くしたい方に勧められています。
仕上がりがとても自然であることが、長所の一つに挙げられています。
I字型のテプローゼを使用する場合は、
鼻尖形成術が同時に用いられることも多いようです。
そうすることで、鼻全体を高くすることが可能だとされています。

L字型テプローゼは、鼻筋から鼻先までのラインをキレイに出すことができるようです。
こちらはプロテーゼだけで、通った鼻筋や整った形を作ることができるとされています。
L字型テプローゼは、それぞれに適した形を用いる必要があるようです。
そのため、使用するプロテーゼはより精密なものでなければならないとされています。
また、L字型テプローゼを使用する場合は、医師に高い技術が求められています。

施術に要する時間はI字型・L字型ともに30分~1時間ほど、
費用は20万~35万ほどが目安になるようです。

術後1日ほどは、固定されることになるようです。
また、術後1週間ほどは鼻に衝撃を与えることのないように注意するようにといわれています。
そして約1ヶ月間は、激しい運動・歯科治療・うつぶせで寝ることは避けた方が良いようです。
長い時間、メガネをかけることもしない方がいいようです。

シャワーは翌日から可能なようですが、入浴は抜糸をするまで避けるようにいわれています。
抜糸は、術後7日後を目処に行われるようです。

局所麻酔で行われるため、施術中に痛みを感じることはないようです。
術後の痛みは、痛み止めで抑えられる程度であることが多いといわれています。
腫れが引くまでには個人差がありますが、約1ヶ月でほとんど落ち着くと考えられるようです。

用いるテプローゼの種類については、
「I字型の方が自然な仕上がりになる」という医師もいれば、
「L字型の方が優れている」という医師もいるようです。
どちらにもメリット・デメリットがあるようなので、
希望を伝えた上で顔のバランスも考えながら、医師とよく相談することをおすすめします。

■メリット

・仕上がりが自然(I字型)
・プロテーゼだけで通った鼻筋になれる(L字型)

■デメリット

・より高い効果を求めるには鼻尖形成術も必要(I字型)
・医師の技術が問われる(L字型)


Posted in 鼻の整形手術~隆鼻術・プロテーゼ法~ |