鼻の整形手術~鼻尖形成術(ダンゴ鼻修正)~

, 2011年5月22日

鼻先が丸くて太い鼻、いわゆる「だんご鼻」の悩みを解消する整形手術には
「鼻尖形成術(鼻尖縮小術)」が用いられることが多いようです。

鼻尖修正術では、鼻尖中心にある余分な軟骨が切除され、
必要があれば同時に脂肪が切り除かれるようです。
鼻の先の部分を形成する軟骨が離れているケースでは、
両鼻翼軟骨を糸で真ん中に寄せて縫合されるようです。
そうすることで鼻先の丸さや全体の太さが解消され、スッキリしたラインに生まれ変われるといいます。

鼻の穴の内側を2cmほど切開することになるようですが、傷跡はほとんど目立たないとされています。
局所麻酔の元で行われるので、手術中に痛みを感じることもないようです。

施術に要する時間は30~40分ほど、費用は25万~40万円が目安となっています。
術後は強い腫れが2~3日ほど続き、1週間ほどで落ち着くことが多いようです。

シャワーは手術当日から、入浴は3日後から可能とされています。
ただし、シャワーをする際には、施術した部分を濡らさないように注意するようにいわれています。

術後は、1週間ほどプラスチック製のギブスで固定されるようです。
メガネ使用や運動は、ギブスが解除された後から可能になるようです。
ギブスは鼻先を覆うためのものでそれほど大きくはないようなので、
気になる方は市販のマスクで隠すこともできるようです。

入院の必要はないとされていますが、術後は経過観察のための通院が必要になると考えられます。
また、鼻尖形成術と同時に、鼻尖部・鼻柱部の耳軟骨移植術が行われることもあるようです。
これらの手術を組み合わせて行うことで、より理想に近い鼻の形を実現できるとされています。
組み合わせて手術を行った際も、傷跡が残る心配はないとされています。

どのような手術を組み合わせることになるかは、それぞれの鼻の状態によるようです。
理想の鼻を手に入れるためにも、医師とはよく話し合うことをおすすめします。

■メリット

・傷跡がほとんど残らない。
・だんご鼻を解消できる。

■デメリット

・短期間ではあるものの、ギブス固定が必要。
・術後ギブスが解除されるまで、2~3度の通院が必要。


Posted in 鼻の整形手術~鼻尖形成術(ダンゴ鼻修正)~ |