鼻の整形手術~鼻翼縮小術~(小鼻縮小術)

, 2011年5月22日

鼻翼縮小術は、鼻の穴が大きくて丸く小鼻がしっかり張った鼻(獅子(シシ)鼻)や、
鼻の穴が横に広がっていてつぶれたような鼻(あぐら鼻)などに対して行われているようです。
鼻の横幅を縮めたい方や鼻を小さくしたい方が希望するケースが多いようです。

また、だんご鼻修正で行われる鼻尖縮小手術により鼻翼が目立つようになった場合、
鼻翼縮小術を勧める医師もいるようです。
鼻翼縮小術では、小鼻の張り出し方によって切除の方法が異なるようです。

小鼻が小鼻の付け根より張り出している場合は外側から、
そうじゃなければ内側からそれぞれ切除されるようです。
中には、傷跡が残ることを心配して小鼻の張り出し方を問わず、
内側を切除してほしいという方がいるようです。
しかし、そこで適さない方法を選んでしまうと、十分な効果を得られないばかりか、
格好の悪い鼻の形になるといわれています。

内側を切除する場合も、医師の腕が確かであれば傷が目立つことは滅多にないようです。
手術直後にはわずかな傷跡が残るようですが、時間の経過とともに目立たなくなるようです。
キレイな小鼻を手に入れるためにも、自分の鼻に合った方法で施術を受けることをおすすめします。

また、鼻をより小さくできるのは、外側の切除のようです。
わからない程度にほんの少し小さくしたいという場合は、
内側の切除でもいいだろうという医師もいます。
施術に要する時間は30~1時間ほど、費用は30万~40万円が目安となるようです。

手術直後には、腫れ・むくみ・内出血が生じるケースもあるようです。
しかしそれもほとんどは大きいものではなく、3~5日ほどでほぼ落ち着くとされています。
局所麻酔で行われるため手術中に痛みを感じることもなく、
個人差はありますが術後の痛みもほとんどないといわれています。

シャワーは手術当日から、メイクや入浴は抜糸後から可能なようです。
抜糸が行われるのは、術後1週間ほどとされています。

なお、左右のバランスが整ったキレイな形の鼻にするためには、
経験ある医師に施術をしてもらうようにと勧められています。

■メリット

・獅子鼻やあぐら鼻を改善できる。
・傷跡が目立ちにくい。

■デメリット

・医師の技術によっては左右のバランスが崩れる場合がある。
・外側からの切開の場合、施術直後にはわずかな傷跡が見える。


Posted in 鼻の整形手術~鼻翼縮小術~ |